体型カバーする水着!水着でカバー

体型をカバーする水着は人気です。

 

  • 水着にできればなりたくない
  • 子供のプールで水着になりたくない
  • ダイエットをしようと思ってたらもう夏だ
  • 脚の太さが目立つのが最悪
  • 他の人に比べて明らかに体型悪い

 

こんな悩みの方がどうしても水着を着なければならないときには、体型カバーする水着がおすすめです。

 

 

ぽっちゃりさんは収縮色・小柄・ふわっと着こなせる水着を選ぼう

 

誰もが持つ体のコンプレックスは水着の選び方次第で十分カバーできます。特に多いぽっちゃりで悩む人の水着選びは収縮色で小柄、ふわっと着こなせるものを選べば十分に体型をカバーできます。収縮色とは引き締め効果が期待できる黒やネイビーなど、逆に赤やピンク、黄といった膨張色は体をさらに大きく見せてしまいます。普段着る洋服選びでもこの色を意識している人は多いはず。

 

またサイズが気になる胸やヒップに大きな柄やリボンなどがついているとどうしても目立ってみえてしまうため小柄のものを選ぶこと、さらに体型が露骨に出てしまうデザインよりもふわっと着こなせるものがおすすめです。

 

脚の太さにはパレオつき

 

下半身、特に脚の太さがコンプレックスの人は胸やヒップのように補正下着で隠すことはできません。このような人におすすめなのがパレオつきの水着、もしくはスカートの長いワンピースやビキニなら下半身をしっかりと隠せます。また最近では水着+トレンカ(脚全体を覆うタイツ)のセットもあり、脚全体をスリムに見せてくれるだけでなく、日焼け防止効果も十分です。

 

さらにぽっちゃりさんにおすすめなのがいわゆるフィットネス水着です。スクール水着のようなデザインで黒っぽい色しかないイメージですが、意外と可愛らしいデザインのものも多いです。一度デパートへ行ってデザインをチェックしてみては?きっと気に入るものがあるはずです。

 

体型にあった水着の選び方

 

よほど体型に自信がある人でない限り、水着選びは気に入ったデザインであることはもちろん体のコンプレックスをカバーしてくれる形から選ぶはず。

 

ぽっちゃりお腹、たるんだお尻がコンプレックスの人

 

水着の下に補正用インナー&最近では普段着のような水着も多く販売されています。色は引き締め効果が期待できる、黒やネイビー、カーキなどがおすすめです。また小さな柄がいくつもあしらわれたデザインなら体の大きさを強調させる心配はありません

 

痩せすぎがコンプレックスの人

 

赤やピンク、黄など膨張色で、また柄も模様も大きめのものなら体をふっくらと見せてくれます。おすすめは横ボーダーのバンドゥ(チューブトップ)ビキニ。フリルが多く使われているものが多く、ウエストはきゅっと引き締まって、胸は大きく見えてセクシーさもアップします。

 

肩幅の広さがコンプレックスの人

 

人気のビキニも紐やパンドゥ(チューブトップ)などデコルテを強調してしまうデザインはNG。肩をできるだけ隠して華奢に見せることができるホルダーネックがおすすめ。下半身にフリルやリボンが使われたものを選べば周囲の人の視線もそちらに行きやすいです。

 

プルプルの二の腕がコンプレックスの人

 

痩せたくてもなかなか痩せられない二の腕。できるだけ胸元にボリュームがあるものを選べば二の腕が目立つ心配はありません。もしくはビキニとワンピースがセットになったもの、もしくはラッシュガード付きのビキニを選べば日焼け対策にもなります。

 

 

子供とプール水着 着たくないママ

 

〇ママが着る水着を選ぶポイント

 

「出産で増えた体重がなかなか戻らない」というママも、子供のためにどうしてもプールに行かなければならない機会が出てきます。「水着なんて着たくない」と思う気持ちは分かりますが、昔と比べて水着の種類は多いので諦める必要はありません。ママ用の水着を選ぶ時に注意したいことを紹介します。

 

・動き回ってもずれない水着を選ぶ

 

体型を隠すのはもちろんのこと、海やプールがうれしくて走り回る子供を追って動き回ることを考えると肌を多く露出する水着ではまさかのハプニングも起こる可能性も。この点でも肌の露出が少ないものが安心です。

 

もし下半身太りに悩んでいるなら、ラッシュトレンカ(タイツ)、もしくはショートパンツもおすすめです。デパートでは1万円以上するものも、ネットでさがせば5,000円以下で種類も豊富です。ちょっと手間をかけて探してみれば、夏の海水浴も家族で楽しめること間違いありません。

 

・紫外線カット機能がついたものを選ぶ

 

特に産後すぐはホルモンバランスも乱れた状態で、ちょっと日に当たるだけでシワやシミの原因にもなります。ぜひラッシュガード付きなど紫外線をできるだけカットしてくれる水着を選び、日焼け止めを使ったケアも合わせて行いましょう。

 

・おしゃれも忘れずに

 

肌を露出する面積が少ない水着はどうしてもデザイン面では劣ってしまいますが、やっぱりおしゃれは欠かせません。産後の体型に悩んでいる時もちょっとカラフルな水着を選べば明るい気分になれるし、広いプールや海でも子供さんと万が一はぐれてしまった時にママをみつける手段にもなります。